僕のヒーローアカデミアネタバレ35話。着々と進む一回戦

轟VS瀬呂の一回戦からしばらくして…。

プレゼントマイク
「ステージを渇かして次の対決!!

B組からの刺客!!
キレイなバラにはトゲがある!?

塩崎茨!!

スパーキング
キリングボーイ

上鳴電気!!

塩崎
「申し立て失礼いたします
刺客とはどういうことでしょう
私はただ勝利を目指しここまで来ただけであり…」

プレゼントマイク
「ごっごめん!!」

上鳴
「B組にもこういう感じいるのね」

(どんぐりまなこで
キレイな面してっけど…
実力はガチめっぽいな…)

上鳴
(ここはもう全力で放電行くしかなくね!?
つーか
キレイっつーか
カワイイ系も入ってね?
よし今度お茶するしかなくね!?よーし!!)

プレゼントマイク
「すっ
START!!

上鳴
「体育祭終わったら飯とかどうよ?
俺でよけりゃ慰めるよ」

塩崎
「……?」

上鳴
多分この勝負
一瞬で終わっから

かっこよく言い放ち放電を放つ上鳴。
しかし彼の言う通り、この勝負は一瞬で終わってしまった。

プレゼントマイク
一瞬!!
あえてもう一度言おう!
一・瞬!!!

Mt.レディ
「あの子良いじゃないですか!植物被りで!」

シンリンカムイ
「うむ…しっかり見たかったな」

ミッドナイト
「二回戦進出塩崎さん!」

塩崎
「ああ…与えられた
チャンス無駄にせずに済みました…」

ナレーション
「塩崎茨”個性”『ツル』

頭髪のツルは伸縮自在!!
切り離すことも出来る!

水と日光さえしっかり摂っていればすぐ生えてくる!
つまりハゲない!!」

観客
「切り離しが厄介だったな
壁張りに拘束…

上鳴の”個性”が完封された」

「相性があるからなァ
そん中で上手く立ち回れればまた良かったが…」

「焦ってぶっぱなしだったな…」

試合が近づく中、緊張した面持ちで麗日は会場を眺めていた。
すると、自分の隣で何やらぶつくさと喋る声が聞こえる。

麗日
「………!ん?」

デク
「上鳴くんの”個性”も強力なハズだけど…

塩崎さんは入試で4位の実力者…ツルか
シンリンカムイと同じようなものかな
やっぱり拘束系は強いよなあ
破られてるのあまり見ないし

あの無数のツルを避けつつ
間合いを詰めるのは無理だから
拘束を引きちぎったりとか
力任せな対策しかないけど

ああ
でもそれをさせない為に
まず手を縛りにくるよな
うーん……」

麗日
「終わってすぐなのに
先見越して対策考えてんだ?」

彼女の声にハッとしながら驚くデク。

デク
「ああ!?いや!?
一応…ていうかコレはほぼ趣味というか…

せっかくクラス外のすごい”個性”見れる機会だし…

あ!そうそうA組の皆のもちょこちょこまとめてるんだ
麗日さんの”無重力”も」

麗日
「………」

そんなデクに、麗日は唖然とする。

麗日
「デクくん会った時から凄いけど…
体育祭で改めてやっぱ…やるなァって感じだ」

デク
「?」

プレゼントマイク
「さァーどんどん行くぞ
頂点目指して突っ走れ!!

ザ・中堅って感じ!?
ヒーロー科

飯田天哉!

サポートアイテムでフル装備!!
サポート科

発目明!!」

観客
「どんな戦いになるんだ…?」

「つーか何だアリャ…

飯田もサポートアイテム
フル装備じゃねえか!?

物々しい装備で身を固める飯田がそこにいた。

ミッドナイト
「ヒーロー科の人間は原則そういうの禁止よ?
ないと師匠をきたす場合は事前に申請を」

飯田
「は!!忘れておりました!!
青山くんもベルトを装着していたので良いものと…!」

ミッドナイト
「彼は申請しています!」

飯田
「申し訳ありません!だがしかし!
彼女のスポーツマンシップに心打たれたのです!!

彼女はサポート科でありながら
『ここまで来た以上対等だと思うし対等に戦いたい』と

俺にアイテムを渡して来たです!
この気概を俺は!!

無下に扱ってはならぬと思ったのです!

ミッドナイト
青くっさ!!!

プレゼントマイク
「いいんかい…」

相澤
「まァ双方合意の上なら許容範囲内…でいいのか…?」

デク
「発目さんてそんな事言う人かな…?
ひょっとして…」

発目の本当の狙いに、何となく検討がいくデク。

プレゼントマイク
START!

試合開始と同時に走り出す飯田と、突然マイクを持ち大声で話し出す発目。

発目
「素晴らしい加速じゃないですか飯田くん!!」

プレゼントマイク
「は?」

飯田
「マイク?」

発目
「普段よりも足が軽く上がりませんか!?
それもそのハズ!!
そのレッグパーツが着用者の動きをフォローしているのです!

そして私は『油圧式アタッチメントバー」
で回避もラクラク!」

(サポート会社さんのいる席はー
ひょー!食いついてる!)

ナレーション
「発目明 ”個性”『ズーム』

本気出せば5km先のものもクッキリだ!!」

飯田
「どういうつもりだ…」

発目
「飯田くんあざやかな方向転換!!
私の『オートバランサー』あってこその動きです!」

プレゼントマイク
「何コレ…」

相澤
「売り込み根性たくましいな…」

ナレーション
「アイテム解説付きの鬼ごっこは
その後
10分もの間続けられ
そしてー…」

発目
「ふー…

全て余すところなく見て頂けました

もう思い残す事はありません!!

ミッドナイト
「発目さん場外!!
飯田くん二回戦進出!!」

飯田
騙したなあああ!!!」

発目
「すみません
あなた利用させてもらいました」

飯田
「嫌いだぁあ君ー!!」

デク
「きっと
飯田くん真面目すぎたから

耳ざわりの良い事言って乗せたんだ…

あけすけなだけじゃない
目的の為なら手段選ばない人だ」

麗日
「っし…
そろそろ控え室言ってくるね」

ギャグテイストに塗れた会場の中でも、麗日は次第に近く自分の出番に緊張を隠せずにいた。

選手控え室

試合から帰って来た飯田は、そこで麗日と合流する。

麗日
「おつかれ様飯田くん…」

飯田
「お…うらら……

…かじゃないな
シワシワだぞ眉間!!

麗日
「みけん?

あー…
ちょっとね
緊張がね

眉間にきてたね」

飯田
「そうか
君の相手
あの爆豪くんだものな…」

麗日
「うん…超恐い

でもね…

飯田くんのあのやつとか見ててね…」

飯田
「?」

すると、そんな控え室にデクも入室して来た。

デク
「麗日さん!!」

麗日
「デクくん!
アレ?皆の試合見なくていいの?」

デク
「だいたい短期決戦ですぐ終わってて
今切島くんとB組の人やるとこだよ

芦戸さんが青山くんのベルト故障させて
慌てた隙にアゴを一発失神KO!

常闇くんは先手必勝
八百万さんが準備したものを使わせなかった」

飯田
「一対一なら
彼は最強に近いな…」

麗日
「じゃあ…
もう次…すぐ…」

もうすぐそこまで来た自分の出番に、さらに緊張感が高まる麗日。

飯田
「しかしまァ
さすがに爆豪くんも女性相手に全力で爆発は…」

デク
するね


夢の為にここで一番になろうとしてる

かっちゃんでなくとも手加減なんて考えないよ…

僕は麗日さんにたくさん助けられた
だから

少しでも助けになればと思って…

麗日さんの”個性”でかっちゃんに対抗する策

付け焼き刃だけど…考えてきた!

飯田
「おお!
麗日くんやったじゃないか!!」

麗日
「ありがとうデクくん…

でも
いい

予想外の返答に、デクは驚かされる。

デク
「え…」

麗日
「デクくんは凄い!
どんどん凄いとこ見えてくる

騎馬戦の時…
仲良い人と組んだ方がやりやすいって思ってたけど

今思えば
デクくんに頼ろうとしてたんかもしれない

だから飯田くんが
『挑戦する』って言ってて

本当はちょっと恥ずかしくなった」

デク
「麗日さん…」

麗日
「だから
いい!

皆将来に向けて頑張ってる!

そんなら皆
ライバルなんだよね…
だから

決勝で会おうぜ!

そして彼らの会話の背景で進んでいた切島と鉄哲の戦いも、ついに決着を迎えた。

プレゼントマイク
個性ダダ被り組!!
鉄哲VS切島

真っ向勝負の殴り合い!!制したのはー

ミッドナイト
「両者ダウン!!引き分け!!

引き分けの場合は回復後
簡単な勝負…

腕相撲等で勝敗を決めてもらいます!」

観客
「実力もほぼ同じかよ

いーね
ああいう暑苦しいのは
士気上がるしサイドキックに欲しいかもなー」

そして、ついに麗日の挑戦が始まる。

蛙吹
「次
ある意味最も不穏な組ね」

耳郎
「ウチ
なんか見たくないなー」

デク
「頑張れ麗日さん…」

プレゼントマイク
「一回戦最後の組だな…

中学からちょっとした有名人!!
堅気の顔じゃねえ

ヒーロー科
爆豪勝己!!

対…

俺こっち応援したい!!

ヒーロー科
麗日お茶子!

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here