僕のヒーローアカデミアネタバレ129話。治崎と一色触発!?

パトロール中の回想シーン

デク
「緊張する…」

ミリオ
「パトロールくらい職場体験でもやってるよね?
あ!敵連合の襲撃がトラウマ?」

デク
「いえ!諸事情あって基本活動未経験なので…!」

ミリオ
「へえー
変わってんね!

大丈夫!
今回実際にホシの敷地近辺を監視するのはサーたちで
俺たちは周辺区域のパトロール!
色々教えるよ」

デク
(まずは先輩の仕事を見て差を知れってことかな…
にしても…
オールマイト
何故僕に何も言ってくれなかったんだろ…)

ミリオ
「そういやさ!!
ヒーロー名聞いてなかったよねお互い!

スポンサーリンク

デク
「デクです」

ミリオ
「…デク!?木偶!?いいのソレ?」

デク
「いいんです」

ミリオ
「俺は『ルミリオン』!!

全てとまではいかないが
百万(ミリオン)を救う人間になれるよう命名した!

『レミオロメン』みたいでかっこいいだろ!」

デク
「レミオロメン」

ミリオ
「コスチュームを纏って街に出れば
俺たちは”ヒーロー”だ!

油断はするなよデクくん!」

デク
「はい!ルミリオン!」

そして現在

デク
(ー嘘だろ…)

今回の標的でもある治崎に、まさかの遭遇を果たしてしまうデク。
緊張の面持ちで彼と対面していたが、当の治崎は穏やかに話しかけてきた。

治崎
「うちの娘がすみませんねヒーロー

遊び盛りでケガが多いんですよ
困ったものです」

エリのケガを見て冷静になれないデク。
しかし、ミリオがすかさず彼をフォローする。
彼はすぐに、デクにフードをかぶせた。

ミリオ
「まーた
フードとマスク外れちゃってるぜ
サイズ調整ミスってんじゃないのか!?」

デク
「通形先輩
何を言って…」

ミリオ
「こっちこそすみません!」

デク
(…!そうか
表情…!

『嘘だろ』が顔に出てた…!

いけない
お互い何も知らない状況なんだ

怪しまれればナイトアイの仕事に支障が出る!

無難に…自然にやり過ごさなくては…!!)

スポンサーリンク

ミリオ
「その素敵なマスクは
八斎會のかたですね!
ここらじゃ有名ですよね」

治崎
「マスクは気になさらず…
汚れに敏感でして

お二人とも初めて見るヒーローだ
新人ですか?

随分お若い」

ミリオ
「…そうです!
まだ新人なんで緊張しちゃって!

さ!立てよ相棒
まだ見ぬ未来に向かおうぜ」

治崎
どこの事務所所属なんです?

ミリオ
「学生です!
所属だなんておこがましいくらいのピヨっ子でして…

職場体験で色々回らせてもらってるんです」

(明らかに警戒してるな
サーの名前は出せない
早めにズラかろう!)

ミリオ
「では我々
昼までにこの区画を
回らないといかんので!

行くよ!」

デク
「はいっ…」

デクもなんとかその場を取り繕って立ち去ろうとするも、エリに袖を掴まれて助けを乞われる。

エリ
「いかない…で…」

デク
「あの…

娘さん
怯えてますけど

治崎
「叱りつけた後なので」

ミリオ
「デクくん
余計な勘繰りはよせ!

行こう」

デク
「いやァでも
遊び盛りって感じの包帯じゃないですよね…」

(この子が僕を
掴んで離さない)

治崎
「よく転ぶんですよ」

デク
「こんな小さい子が声も出さず
震えて怯えるって
普通じゃないと思うんですけど」

(そうだ
自然じゃない)

治崎
「人の家庭に自分の普通を
押しつけないで下さいよ」

ミリオ
「性格は様々だよね」

(やめろ…!

明らかに詮索を嫌がってる!

警戒が強まれば益々シッポを出さなくなる!
無難にやり過ごすんだ!!)

デク
(違う先輩!
その方が怪しまれる!不自然だ!

ヒーローが怯えた子どもを
やり過ごすわけがない

「この子に何してるんですか?」

スポンサーリンク

その様子を緊張した表情でミリオは見つめる。

治崎
「全くヒーローは人の機微に敏感ですね
わかりました」

デク・ミリオ
「!」

治崎
「恥ずかしい話です
人目につくし…こちらに来てもらえますか」

そう言って、治崎は路地裏へと2人を案内する。

治崎
「実は最近
エリについて悩んでいまして

何を言っても反抗ばかりで」

デク
(虐待…?)

「子育て…ですか
大変ですね…」

治崎
「ええ
難解ですよ子どもは

自分が何者かになる・なれると
本気で思ってる

そう言いながら、治崎は手袋を外そうとする。
その動きを見たエリは表情を一変させ、すぐに治崎の方へと駆け寄った。

デク
「え…!?」

治崎
「なんだ…
もう駄々は済んだのか?」

デク
「え あの…
エリ?ちゃん…?」

治崎
「いつもこうなんです
すみません
悩みまで聞いてもらって

ご迷惑おかけしました

ではお仕事
頑張って」

そう言いながら、治崎とエリは路地裏の方へと消えていく…。

デク
「待って…!!何で……」

思わず彼女を追いかけようとするデクを、ミリオが止める。

ミリオ
「追わないよ

気付かなかったかい
殺意を見せつけて

あの子を釣り寄せた」

デク
「深追いすれば余計に捉え辛くなる
サーの指示を仰ごう」

治崎
「最近の若者は一段と病んでるな

クロノ風呂の用意しろ」

下っ端
「す…すんません若頭!!

ちょっと目を離したスキに
そのガキが逃亡しやがって…」

しかし治崎は必死な弁明をしようとする部下を一蹴し、その”個性”で粉々にしてしまう。

治崎
「掃除もだ」

クロノ
「へい」

治崎
「英雄症候群の病人共」

エリはその惨劇に怯えている。

治崎
「壊理…

わがままはもうよせよ

お前は計画の”核”なんだ

頼むからもう
俺の手を汚させないでくれ」

そこには、医療機器のような機材が所狭しと並んでいた。

部下
「オーバーホール電話

敵連合しがらきからだ
この前の返事を聞かせてやる…と」

スポンサーリンク

感想

デクらしいやり取りはありつつも、どうにか問題なく過ぎましたね。

それにしても、今回初めてあの少女=エリちゃんの漢字が出て来ましたね。

壊理と書いて、「エリ」。

『僕アカ』は基本的に、本名もしくはヒーローネーム、ニックネームに自分の信条や”個性”が反映されています。

実際、治崎は周りからボス、あるいは「オーバーホール」と呼ばれていますが、オーバーホールは自転車や時計に行う「分解点検修理」を意味する言葉で、”個性”もそれらしい破壊系の効果をはっきしていますよね。

そう考えると、壊理ちゃんは何かしら破壊系の能力があるのかもしれません。

最新話では、治崎は壊理ちゃんのことを「娘」と呼んでいました。
その場をやり過ごす方便だったのかもしれないけれど、その後の彼の壊理ちゃんへの態度を見ると、あながち嘘じゃなさそうですよね。

そうすると、彼女の本名や治崎壊理ってことになりますね。
この世の中のルールを破壊して新しいルールを敷くみたいな、ちょっと壮大な名前です。

治崎は普段”個性”が発動しないよう手袋をしていますが(この辺り、”個性”的にはしがらきと重なる部分もありますよね)、壊理ちゃんの能力はそういう直接的なものじゃなさそうです。

彼女はデクに触れてますが、そうした”個性”は発動してませんからね。

ヒーローを志す者を「英雄症候群」と揶揄している治崎ですから、この世の中を一発逆転させるくらいの能力が彼女にあるのかも?

いずれにせよ、次回はデクとミリオ、そしてサー・ナイトアイとのかけ合いになりそうなので、その計画が見えてくるのはしばらく先になりそう。

…多分、デクくんは事務所のメンバーに怒られるんじゃないかなあ〜…。

それとも、また八斎會と敵連合との緊張感たっぷりなやり取りが起こるのでしょうか。

次号も楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here