僕のヒーローアカデミアネタバレ134話。切島の激闘決着!

ガチガチに硬化した切島。その体からは異質な金属音が走っていた。

チンピラ
「何やこの音…
軋んでんのか

全身が!!」

切島
(この状態を維持できる時間は
三〜四十秒程度…

ただその間俺は

絶対倒されねえ!!)

切島
俺を見ろォ!!!

そう言ってチンピラの方へ突進する切島。

チンピラ
「ううう…!

押し飛ばしたるわぁ!!!」

一極集中で、自分の前に一気に刃を出すチンピラ。
しかし切島は、それを真っ向から受け止めて突進を続ける。

切島
(後ろの人たちまだ逃げれてね!!

店ン中にだって
きっとまだ人がいる!

こいつの刃を俺だけに向かわせろ!!!

俺は

硬化の男!!

小細工よりも

ゴリ押しで

圧倒しろ!!!

必殺

烈怒頑斗裂屠(レッドガントレット)!!!

切島の強烈なボディブローで、チンピラは吹き飛ばされる。

民衆
「若いのに…
なんちう怒気よ…」

「すンげえ…」

チンピラ
「カハッ!」

切島
「あらァア!!!!」
(制限ギリギリアッブネぇ!!)

チンピラ
「ゲホッあ゛あ゛ん!!
うわああん来んなァア〜!!」

切島
(クスリうつ前のべそかき状態…
効果切れたか…?)

チンピラ
「強くなりたかっただけやねん…!!
頼むよ逃してよ…!

俺は力が欲しかっただけの
哀れな人間や!!」

切島
「ダメだ
先輩を撃った

気持ちはよくわかるぜ…
俺も昔は…」

チンピラ
てめーの話なんぞ
知るかボケェ!!!!

突然叫び出し、背中から刃を出したチンピラ。
その勢いで切島の手から一気に脱出した。

切島
馬鹿か俺は!!!

チンピラ
「素直!!
素直すぎやでたすかったわ!

逃げる逃げたる!!
捕まってたまるかア!!」

路地の角まで飛び出たチンピラ。
しかしそこにはファットガムが待ち構えていた。

切島
「ファットガム!!!」

ファットガム
「遅なってすまんな!!

対敵した時!!
敵の勝利条件は”潰す”!”逃げる”!”ブチのめす”にetc!!

対してこっちは
“ガイ者出さずに捕らえる”一つ!!

覚えて帰りや
列怒頼雄斗!!

敵退治は
いかに早く戦意喪失させるかや!!」

ナレーション
「ファットガム”個性”『脂肪吸着』

彼の体は何でも吸着し沈められるのだ!!!
トートロ!!」

切島
(全力出して何とか
相手してたってのに…!
瞬殺かよ…!)
「…たすかりました」

疲れ切った切島に、路地裏で助けられた通行人の老人が声をかける。

老人
「ありがとうなァ若いの!
凄いなァ
惚れたでホンマ

俺らに刃ァ向かんように動いとったやろ!?

長年ヒーロー見とるとわかんねん!
フツーびびるであんな刃人間!!

ホンマ救けられたわ!!

ファットガム
「華々しいデビューやなァ…
俺のデビュー時とは大違いや

たすかったんはこっちや!!

おまえは凄いヒーローになるよ!
必ず!!」

切島
「ー…!!
あざっス!!」

事件もひと段落し、ファットガム・切島・天喰の3人は街で集合した。

ファットガム
「”個性”がパワーアップか…

そのクスリは日本じゃ禁止されとるヤツやな…

効果の短さから見てアジア系の粗悪品や
米製なら一〜二時間はキく」

切島
「詳しいンスね!!」

ファットガム
「俺
昔はポリと協力してそういうんばっか
捕まえとったんやで」

警察
「ファット!!奴が発砲した拳銃やけど!

“個性”で粉々に砕いとった!
弾はなかった

あとこれ
普通のチャカやないで
とりあえず色々調べて報告するわ!」

ファットガム
「わざわざありがとうな
そうか…」

切島
「先輩は大丈夫なんスか?」

天喰
「…辛い」

切島
「”個性”が出ねえなんて…
ヒーローにひでえ仕打ちだ」

天喰
「それより…君は
俺を庇ってくれた…

ミリオと同じ…
太陽のように輝かしい人間だ君は…」

切島
「んなこと言ったら
ここ紹介してくれた先輩も太陽っスよ」

天喰
「それだよ…
すごいんだよ…君…」

ファットガム
(個性を活性化させるクスリはわかる…
元々弱個性への救済案や

しかし

全く使えなくするクスリいうんは…
聞いたことがない

嫌〜〜〜な
感じやな…)

ファットガム
「病院で検査してもらおか

俺も調べたい事があるしな

とりあえず一旦
事務所経由でー…」

天喰
「…ハイ」

切島
「オス!!」

後日、教室にて

教室で惚けている切島に、上鳴が話しかけてきた。

上鳴
「切島コラァ!!!」

切島
「ん」

上鳴
「おまえ名前!!
ネットニュースにヒーロー名!!
のってるぞスゲェ!!!」

芦戸
「梅雨ちゃん麗日あすごいよー名前出てる!!」

ネットニュースでは、切島と蛙吹・麗日たちの華々しいデビュー戦が掲載されていた。

麗日
「うへえー
嬉しいなァ本当だ…!」

蛙吹
「どこから撮ったのかしら」

芦戸
「すっごいねー!
もうMt.レディみたいにファンついてるかもねえええ!!!」

飯田
「仮免といえど街へ出れば同じヒーロー
…素晴らしい活躍だ…!

だが学業は学生の本分!!
居眠りダメだよ!」

切島
「おうよ飯田!
覚悟の上さ!なァ!?」

デク
「うん!」

切島
「おまえ勉強やべーっつってたのに
大丈夫かよー」

切島
「先生が補習時間設けてくれるんだってよ」

瀬呂
「俺も行きゃーよかったなァ
両立キツそうでさァ…」

八百万
「学ぶペースは人それぞれですわ」

ナレーション
「オールマイトの事や通形先輩
ナイトアイの事…

依然スッキリはしないものの話はわかった

しかしそれと同時に
“あの子”の事が…
僕の中で日に日に大きくなっていた

数日後!!」

学生寮の外にて

切島
「お!!?

緑谷ァ!!おはよ!!
おまえも今日行くんだ!?

キグーだな!」

デク
「しばらく呼ばれなくってやっと今日だよ
コスチュームはいらないって言われたけど…」

麗日
「あれー!?おはよー!!2人も今日!?」

ヒーロー
「駅まで?送ってくよー!」

デクたち
「わ!じゃあよろしくお願いします」

「ヒーロー多いなー」

「ありがたや」

デク
「あれ!?
皆こっち!?切島くん関西じゃ…」

切島
「ん ああ!
何か集合場所がいつもと違くてさァ」

電車内

デク
「皆同じ駅!?奇遇だね…!」

蛙吹たち
「先輩と現地集合なのよ」

駅から降りた道中

デクたち
「方向も同じ…!?」

「曲がる角も同じ……」

そしてたどり着いた先には、彼らのインターン先にいる通形達先輩の姿もあった。

デクたち
「ビッグ3もお揃いで…」

集合場所

デクたち
これは…何だ!?

そこには、ファットガムやリューキュウの他、相澤やグラントリノまで集まっていた。

デク
グラントリノ!!?
それに…相澤先生!?

デク
「こんなに大勢…すごいぞ…!
一体何を…」

波動
「リューキュウ!!

ねえねえこれ何 何するの!?
会議って言ってたけどー
知ってるけど!!何の!?」

リューキュウ
「すぐわかるよ

ナイトアイさん
そろそろ始めましょう」

蛙吹&麗日
(あのアンケン…!?)

サー
「あなた方に提供していただいた
情報のおかげで
調査が大幅に進みました

シエ八斎會という小さな組織が
何を企んでいるのか

知り得た情報の共有と共に
協議を行わせていただきます」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here